メンズダウンジャケットを大人っぽく着こなしていく 冬ファッション

冬のメンズアウターで防寒という点でも
ダウンジャケット着こなしていくことも多く、
どうやれば大人っぽくおしゃれなコーディネートにできるのか?
冬メンズファッションでの重宝アイテムで
多くの方が取り入れるアウターだからこそ、
周囲と差をつけていきたい。

ではどういった着こなしでダウンジャケットを着ればいいのか?

jkd
スプートニクス

シャツ・カーディガン・パーカ 3,900円(消費税込:4,212円)
シェットランドジャガードニットカーディガン 5,900円(消費税込:6,372円)
サテン5ポケットカラーパンツ6,900円(消費税込:7,452円)

jkd1
メンズスタイル

ケーブル編み込みジップアップニット4,900円(+消費税)
2枚襟シルエットチェックシャツ4,900円(+消費税)
色落ち加工ストレッチデニム4,900円(+消費税)

上記2つのコーディネートで共通するのが
インナーにシャツ×カーディガンといった組み合わせ。
中綿ジャケットのコーデですがダウンでも同様に
コーディネートすることで、大人っぽさを出しやすい。
シャツ1枚で着こなしていくよりもこなれ感も
出すことができ、大人のメンズファッションとして
冬の基本として真似していきたい。

カラーにも注目


清涼感と落ち着いた色でインナーを組み合わせているのが
わかると思います。
これをイエローやヴィヴィットカラーといわれるような鮮明な
色を使うと、子供っぽく見えたり落ち着きがないように見えてしまいます。

使いやすいのは白黒のモノトーンが着まわし力も高く
ベーシック。


遊び心やちょっとした変化をつけたいなら
ワイン。


ラフカジュアルならケーブル編みなどデザインニット


シャツ×カーディガンは上品さはあります。

しかしどちらかというとカッチリした印象もありますね。
もう少しラフさを出し大人感もキープしたいなら
ケーブル編みニットなど凹凸があるデザインニットを使ったコーディネート。
シンプルではあるものの、男の余裕もだし休日スタイルでの
レジャーシーンにもマッチさせやすい。

jkd2

水族館や遊園地などレジャー施設や外でのデートなど
アクティブに動いたりするときには動きやすいスタイルが○。
シンプルな着こなし方ではありますが、シャレ感を出せますね。

ショッピングなどでは下にシャツをプラスすると今季らしい装いにできます。

杢カラー綿ニットセーター3,900円(消費税込:4,212円)

暖色カラーのメンズダウンジャケットの着こなし方は?


今まではわりと冬のダウンジャケットでもベーシックなカラー、
ブラックやベージュ、ネイビー等
参考にしやすいコーデでした。
そして今回は暖色のダウンジャケット。

jkda

明るい色の、特に赤やオレンジなど暖色系
ダウンジャケットではインナーの
色をブラックにするよりは、白やベージュなどを
選んだほうが全体をまとめやすくなり、
ボトムは濃紺デニムやブラックなど暗めにすることで
派手すぎないようにバランスを取ることができます。

黒やネイビーのインナーじゃだめなの?
ダメということはありませんが、
黒などはどうしても明るい色を惹きたててしまい派手に
なりすぎる恐れがある
ので、
コーディネートに白やベージュを
どこかに足したほうがバランスはよくなります。

冬コーデで簡単に取り入れることができるのがニット帽子
それとマフラーやストール。
これをベージュや白にすることで、インナーが黒でも
簡単に個性的なカラーのダウンジャケットコーデが劇的に変わります。

暖色のアウターの場合、どうしても浮きやすくなります。
派手さをダウンさせる為にも、
明るいけれど派手さを出さないホワイトやベージュは
役立ってくれます。

関連記事

Comments 0

Leave a reply