これでいいのだ!2015年 真夏のメンズ コーディネート

真夏のメンズ コーディネート「これでいいのだ!」

さて、今回は最低限おさえて起きたい真夏のメンズの服装について考えていきます。夏というとどういった服装が好感度もあるのか?個性的なおしゃれというよりも、比較的万人ウケしやすい服装「これでいいのだ!」特集。

この服装は嫌いだ!という人が少ないスタイリング

多くの方に支持されやすい服装としては、「嫌い、ダサイ。」という人が少ない服装、コーディネートがベスト。例えばおしゃれをする際に大きく分けると、

  • おしゃれ
  • 普通
  • ダサイ

街中での他人のスタイルでこういった感想を持ったりしたことがありませんか?相当メンズファッションに精通された人だともっと掘り下げて考えたりもしますが、普段他人のおしゃれを見て感想というと「パっと見で判断。」

つまり合格点としては50点取れれば、モテ服にもなり好感度も出すことができます。しかし間違ってはいけないのは高得点を狙いすぎるのはダメだということ。

なぜ好感度ファッションで高得点を取ってはいけないのか?

あくまでも万人ウケの服装という部分での話しになりますので、それ以外を目的とする場合に当てはまるとは限りません。

高得点ということは、「おしゃれな着こなしでセンスがある。」

ここで問題となるのが、ファッションとしてはおしゃれだけど、見る人によって好き嫌いが出てしまうという点です。

おしゃれ=好感度が高い

そういう訳ではありませんのでご注意を!

例えば、ファッション好きの方なら、渋谷系、裏原、代官山ファッションなどありますが、渋谷系の方が代官山風のメンズコーディネートをおしゃれと思っても好きかどうかは別の話になってきます。

アメカジ好きがどんなにおしゃれと見える装いにしたモード系が好きとは限りませんよね?

これでいいのだ!メンズ ファッション夏の好感度アップ

それではどういった服装を目指し、この夏にメンズ服をコーディネートしていけばいいのか?

ポロシャツ 夏メンズコーディネート

コーディネート詳細

シンプルな組み合わせですが、幅広く好印象をキープすることができます。ものすごくおしゃれで個性的だといった印象はないかもしれませんが、この服装をしている人を見かけても「嫌いだ!」という方は限りなく少ないのではないでしょうか?

ポロシャツ 夏メンズコーディネート2

コーディネート詳細

こちらはシャレ感もアップさせることができるアイテムを使用していますが、個性が強すぎるわけではないのでモテスタイルとしてもGOOD。

好印象に使えるメンズ夏服

悪目立ちしないアイテムとしては、定番のデザインからかけ離れすぎていない服を選んでいきたい。かといって定番だと遊び心もなくなってしまうので、さりげなく一工夫されているような夏服は買いとも言えます。

2015夏メンズ ケミカルウォッシュ デニムシャツ 2015夏メンズ 7分袖テレコカットソー 2015夏メンズ 7分袖ジャガードカットソー

ケミカルウォッシュデニムシャツ/7分袖テレコカットソー/ジャガードデザインカットソー

2015夏メンズ 杢デザインテレコカットソー

杢デザイン半袖 メンズ カットソー

これらのようにデニムシャツでもウォッシュ加工が施されていたり、カットソーでもテレコや杢調で無地よりも動きを足すなどシンプル+アルファがある服というのは使い勝手もよくコーディネート力があり、ナチュラルで好印象を出しやすい。

自然体、ナチュラルさを出す

キメすぎずラフすぎない。肩の力を程よく抜いたナチュラルなスタイルは好印象が出しやすい着こなしの代表的な存在でもあります。真夏となるとカッチリしすぎると暑苦しさがでたり、暑いからといって、Tシャツにショーツ、サンダルといったコーディネートではだらしなく見えてしまうこともあります。

ラフすぎない。カッチリしすぎない。このことも意識しておきたいですね。

関連記事

Comments 0

Leave a reply