これがあると便利!秋のお役立ちメンズ服は?

朝や夜は少し肌寒く、日中は暖かい!そんな秋らしい陽気になってきており、そろそろ秋服も本格的に始動してきます。

そこで、今回は秋のメンズファッションで活躍してくれるお役立ちアイテムをチェック。あると便利な洋服でファッションや機能、また急に必要になったときの対応力などトータルで見たときのポテンシャルが高いメンズ秋服

どんな服を選べばいいのか?

ここでポイントとしておいておきたいのが、

  • ファッション性
  • 機能性
  • 着まわし力
    • ファッション性ではおしゃれかどうかも重要ですよね?

      機能という部分では、秋は気温が安定しないことや朝、晩の温度差が激しいというのがあり、肌寒くならないといったことも必要になってきます。

      着まわし力では、温度変化で急に必要になったときにコーディネートがしにくいとなると、使えない服になってしまう恐れがあります。

      これらのことを考えると、個性的すぎるのは使い勝手が悪い。お役立ちメンズ服ということなのでやりすぎは禁物。3つのポイントを抑えていくと、長袖の羽織物、つまりシャツやパーカー、カーディガンでシンプルすぎず、個性的過ぎない服を選びたい。

      秋に役立つメンズ シャツ

      この時期だとまだ薄手のシャツが使いやすく、シンプルすぎないデザインを選びたい。定番に近いデザインではあるものの一工夫されているとGOOD

      2015 秋 メンズ シャツ 役立つ 2015 秋 メンズ シャツ 役立つ1 2015 秋 メンズ シャツ 役立つ2

      詳細はこちら⇒メンズ スタイル シャツ一覧

      .

      これらのシャツはそれぞれ定番に近いデザインですが、アクセントとなる前立てや衿部分の柄があったり、しわ加工が施されているチェックシャツだったり、ヴィンテージ加工のデニムシャツというように少し変化をつけており、無難になりにくい。

      カジュアル コーデの鉄板 メンズ パーカ

      アウトドアスタイルやスポーツMIXなどアクティブなカジュアルファッションでも活躍するのがパーカ。

      2015 秋 お役立ち メンズ パーカ

      詳細⇒ジャガードデザインダブルジップパーカー

      無地だと味気なくて無難になりがち。とくに秋となると一番外側に位置し、ライトアウターの役割を担います。冬だとメインアウターを1枚着る為、差し色として無地を使うのもありですが、秋だとファッション性が乏しく力不足感が否めない。

      こちらはシャドージャガード柄なのでさりげなくアピールもでき、インナーにチェックシャツなど柄物を着てもゴチャゴチャしにくいので着まわし力も高い。

      ニット系のカーディガンを含むトップス

      ニットセーターやカーディガンなどは大人カジュアルにしたいなら積極的に選びたい。ケーブル編みとなると黒一色であっても凹凸で立体感を産み、動きのあるスタイルにできます。

      ケーブル編み メンズ ニット お役立ち 秋

      詳細⇒ケーブル編みスタンドカラーニット

      シンプルだけど凹凸がいい仕事をしているのがわかるのではないでしょうか?チノパンツのようなキレイめなボトムであればあるほど、この凹凸を生かすことができます。

      また、大人っぽくリラックスした休日らしい着こなしにしてくれますね。

      バッグに入れて持ち運びしやすい カーディガン

      秋の出かけ先で洋服を脱ぎたい。そのときに脱いだ服はどうしますか?シャツなどは脱ぐ前に袖をロールアップすることもありますが、脱いだら腰に巻いたりバッグに入れたり、手に持つこともあります。

      薄手のカーディガンの場合、バッグにも入れやすく、シャツと比べてシワにもなりにくい。着たり脱いだりが多そうなときにはカーディガンがおすすめ!

      メンズ カーディガン 秋お役立ち

      詳細⇒ダブルライン刺繍入りカーディガン

      一日でどれだけ着るのか?で選び分ける

      これらのアイテムは、いつどこで着るのか?というので分けていくのもいいでしょう。

      例えば、

      • 急に寒くなって今日一日必要そうだ。こういうときにはニットやパーカなどが使いやすい。
      • 朝晩と日中で気温差があり、朝晩だけ着たい。こういうときはバッグにも入れやすいシャツやカーディガンが重宝します。

      このような選び分けをしてみるのもいいのではないでしょうか?

      関連記事

Comments 0

Leave a reply