タイプが違う!メンズ冬服アウター 2015-16

の主力となるメインアウター。メンズファッションの冬スタイルでのイメージの中核を担うジャケットやコートというのはデザインを変えることで雰囲気の違いを手軽に出すことができます。

そこで今回はそれぞれタイプが違う3つのメンズ 冬服アウターを見ていきますが、どういった印象にしやすいのか?どのようなシーンにマッチさせやすいのか?なども踏まえ目を通していきましょう。

キレイめにモードやオフィスカジュアルもOK

流行のモードスタイルのような上品で大人っぽさを出したスタイルにしやすいアウター。

人気アイテム

メンズ アウター 冬 人気 2015-16

詳細⇒PUレザーベルト付きメルトンスタンドコート 日本製

夜のデートや食事、タウンユースに向いているのがこちらのジャケット。清潔感も出しやすく上品な着こなしにすることができます。

人気につき、完売必至なので気になる方はおはやめに。

2015-16メンズ冬の参考コーディネート

2015-16メンズメルトンジャケット コーデ1 2015-16メンズメルトンジャケット コーデ2 2015-16メンズメルトンジャケット コーデ3

このように大人っぽさを出しやすく、テーラードジャケットよりもセクシーさが出やすくイタリア風のスタイルにすることができます。

メンズ冬アウターの鉄板!ダウンジャケット

ダウン80パーセント、フェザー20パーセント配合の中綿を使用しているダウンジャケット。こちらも昨年あっという間に品切れとなったメンズアウターになります。

メンズ アウター 冬 人気 2015-16 1

詳細⇒ウール混プレミアムダウンジャケット

防寒性も大切な冬。寒い日に活躍してくれるのがこちらのダウンジャケット。ダウンとフェザーを黄金比で配合しており高級感のある一着です。だからこそ値段は少しお高めですが、それに見合うクオリティとなっています。

外で過ごす時間が長いときや旅行などでも活躍。

キレイめコーデでカッチリしすぎたくないときなどに羽織ると程よくカジュアルさを足すことができるし、チェックシャツにデニムパンツといったアメカジコーデに使うことで、グっと大人っぽく引き締めることもできます。

2015-16メンズ冬の参考コーディネート

2015-16メンズダウンジャケット コーデ3 2015-16メンズダウンジャケット コーデ2 2015-16メンズダウンジャケット コーデ1

裏地ボアの冬もあったかメンズ アウター

男らしくスタイリッシュにそして、ちょっとの可愛らしさといったギャップを兼ね備えているのが以下のフェイクムートンダッフルコート。

メンズ アウター 冬 人気 2015-16 2

詳細⇒フェイクムートンダッフルコート

コートといっても着丈を見てわかるように、ほぼジャケットといった感覚で着用していくことができます。ムートンというと女性ファッションでも人気が高く、そういったアイテムをうまく取り入れることでモテスタイルとして一歩先にいくことができます。

モテ服として取り入れたり、付き合って日が浅い方、初デートや合コンなどで着ていきたいメンズ アウターですね。

2015-16メンズ冬の参考コーディネート

2015-16メンズフェイクムートン コーデ1 2015-16メンズフェイクムートン コーデ2 2015-16メンズフェイクムートン コーデ3

カッチリしすぎていないし、ラフすぎたりもしない。その要素がモテ服としてのポイントを上げています。キレイめでまとめすぎると誠実さはあっても、話しかけづらかったり距離を縮めにくい要因にもなるし、カジュアルでラフすぎると、手抜いてるんじゃない?っと思われることもあります。

初デートや合コンでの初対面となると、こういった印象を持たれたくない。その点こちらのメンズアウターはそれらを感じさせないのが嬉しいですね。

それぞれのタイプのメンズアウターをこの冬使い分けよう

3つの冬アウターを見ていきましたが、シーンによって合う合わないというものもあります。

明らかに合わない例としては、メルトンスタンドコートをキャンプで着ていく。

やる気ないでしょ?っと思われても仕方がない服装になってしまいますので、こういったことがないようにしましょう。

上記3つは、比較的多くのシーンで使いやすい洋服ではありますが、ここぞというときには「どこで何をするのか?」といったことも頭に入れて洋服選びをしてみてはいかがでしょうか?

メンズスタイル
関連記事

Comments 0

Leave a reply