ダサかわいいが流行!大人の男はどう着こなしていく? タッキースタイル

2016年春。大人の男性ファッションでの着こなし方で頭を悩ませることになるであろうタッキー。

ダサかわいいは春の注目。タッキースタイル流行として話題になっています。これはある意味、これまでファッションセンスがないと言われている方、思っている方にとってはチャンスといってもいいでしょう。

極端な話、好きなデザインを選び、好きな色を選んだ。その結果、バランスが悪く派手になったり違和感が出てしまった。これOKなんですね。

ちょっとダサく見えてもいいんです。そう思うと流行スタイルをする上でのハードルが低くありませんか?

といっても、「ダサい。」だけで終わってしまっては元も子もありません。

タッキースタイルとはどういったスタイルなのかは、過去記事を参考にしてみてください。⇒タッキーがカッコイイ!2016春の流行ファッション

これまでの概念を忘れよう

まず最初にコーディネートを考える上で、ファッションでのNGな組み合わせというものがありましたが忘れてください。

  • 柄×柄。
  • ヴィヴィットカラーにヴィヴィットカラー
  • ダボダボなボトムとトップスの組み合わせ。
  • 上下ジャージ
  • これらは、この春には「どんとこい!」なんですね。しかしなんの工夫もせず着るというのも危険なことは確かです。

    またここまで徹底しすぎてしまうと、10代や20代前半の方ならいいかもしれませんが、30代以降の大人の男性となると正直痛々しさが強くでてしまいます。

    大人の男のタッキースタイルはどんな着こなしがいいのか?

    2002年日韓ワールドカップの時代。日本でベッカムフィーバーがありましたね。当時のスタイルを参考にすることができます。現在、30代の方は、タンスに眠っている洋服があるかもしれません。

    この春は当時よりもハードになりますが、大人の男性スタイルという点でいうとハードすぎるのは避けたいので、懐かしい服装になるかもしれませんね。

    どんな洋服を選べばいいのか?

    多少派手になってもいいのが2016年。ボトムでいうとダメージ加工のデニムパンツなどは使いやすい。

    ダメージ デニムパンツ タッキースタイル メンズ

    詳細⇒BIG SMITH ビッグスミス 日本製

    こういったアイテムを取り入れて、ちょい悪風のスタイルを心がけると大人らしさと流行を兼ね備えた着こなしにしていくことができます。

    ちょい悪 コーディネート メンズ

    目立ちすぎずにインパクトのある着こなし。このさじ加減はしっかりと管理していきたいところですね。またここまでの加工でなくとも、ノンウォッシュなどよりも色落ち加工が施されているボトムは積極的に選んでいきたい。

    ヴィンテージ加工デニムパンツ メンズ 2016

    詳細⇒ヴィンテージ加工デニムパンツ ジーンズ メンズ

    こちらはスリムやスキニーになりますが、やや大きめのサイズを選んだりするのもいいですね。レギュラーややや太めのほうが好きな方は、そのままで旬のおしゃれを楽しみやすい。

    チノパンツのようにキレイめに履けるボトムの場合は、シルエットで、「ちょいダサ。」を出す為に、ワイドや大きいサイズを選ぶという方法もあります。

    かなり使えるのがテーラードジャケット

    流行と大人らしさのあるスタイルで、今季重宝しそうなのがテーラードジャケット。どうしても上品さが欲しいものの、今季の流行というと、いわば上品とは対極の関係といってもいいでしょう。

    上記の参考コーディネートにテーラードジャケットを羽織ったりするのもいいでしょう。

    ボトムをワイドにし、インナーは柄シャツ。これだと目立ちすぎますが、テーラードを羽織ることで控えめにし、上品さをプラスさせることもできます。

    特にその中でおすすめなのが、ワイドパンツやヴィンテージ加工のボトムなどと相性がいい、1ボタン、2ボタンのテーラード

    テーラードジャケット メンズ タッキーコーデ1 テーラードジャケット メンズ タッキーコーデ2

    詳細⇒2つボタンテーラードジャケット/AB杢カットテーラードジャケット

    柄物以外ではこんなインナーもおすすめ

    ワッフル カットソー メンズ 2016

    詳細⇒ビッグワッフルクルーネック長袖

    ちょっとした遊び心を足すことができ、柄シャツやプリント系のトップスが苦手な方はワッフルはおすすめですよ。

    春の流行に、やんちゃさを取り入れろ

    ダサイや悪趣味などのことをタッキーといいますが、実際すぐに思いつかないといった方もいるでしょう。ヤンキーファッションというといいイメージを持たず敬遠される方もいるかもしれません。

    別のいい方をするならば、「やんちゃ」さを取り入れる。「面白さを足す」といったほうが親しみやすさはあるかもしれません。

    この春は街中を歩いていても、「その服なんやねんノ」っと突っ込みを入れたくなったり、見ていて面白い、楽しくなるような服装の人が多くなっていそうですね。

    関連記事
ダサかわいいメンズ流行タッキー

Comments 0

Leave a reply