これでいいのだ!真冬に真似したいメンズ コーディネートは?

寒波などにより、ここ数週間は本格的な冬の寒さを感じる日も多くりメンズファッションでも真冬の服装をされている方も増えている日本列島。

そんな寒い日でもおしゃれにそして温かな服装をしていきたい。

今回は真冬に真似したい、そして2016冬の流行も抑えたメンズ コーディネートを見ていきます。

黒を取り入れた真冬のメンズ コーディネート

2015-16の冬スタイルで欠かすことができないのが、ブラックカラーコーディネート。ワンカラーでまとめたり、少なくとも1アイテムは黒を使った洋服やグッズを使っていきたい。

ブラック 黒 コーディネート メンズ冬1 ブラック 黒 コーディネート メンズ冬2 ブラック 黒 コーディネート メンズ冬3

コーディネート詳細⇒ダッフルコーディネート/黒スキニーパンツ コーデ/黒をベースにしたダッフルコーデ

向かって左はダッフルで甘い表情を出しつつも、ワイルドさを出しやすいカーゴパンツを使うことで甘くなりすぎないようにバランスが取れています。そしてなんといってもそこにワインカラーのニットを使うことで、カーゴとダッフルにはない上品さもプラス。

中央は、まさに王道ともいえる色使い。流行問わず冬の定番スタイルとして参考にできます。

向かって右のスタイルはまさに今季らしさを全面的に押し出しているスタイルになり、モードっぽさもありクールな印象も出ていますね。

春のトレンドも意識するならヴィヴィットカラーをプラス

今季だけのスタイルを抑えるのか?それとも春のトレンドも意識するのか?春のことを考えてちょっと先取りをするなら、ヴィヴィットカラー(赤、青、黄など)を取り入れたコーデがGOOD。

メンズ ブラック 赤 冬コーディネート

詳細⇒春の流行も意識した冬コーデ

特に黒と赤は非常に相性もよく、インパクトも出せるので春のおしゃれの前に手慣らしとしてもいいのではないでしょうか?

やったほうがいいの?ニットの重ね着は積極的に

上記コーデではほとんどがインナー重ね着をしています。

寒さ対策やコーディネートに奥いきを出すという意味ではやったほうがよい。またこうすることで、暖かくなってきたときにはアウターを気軽に脱ぐことができ、尚且つ手抜きにも見えないというメリットや、今後ジャケットからダウンベストへと移行もしやすく楽になります。

関連記事

Comments 0

Leave a reply