ファッショニスタが選ぶメンズ パンツ ボトムはこれだ!2016春夏流行

おしゃれ先取り、最先端を追い求めるファッショニスタは、2016春夏メンズファッションでどういったパンツをボトムを選んでいるのか?

これから来るスタイルをする上で、最先端のトレンドはチェックしておきたいところです。

既に準備している細身から太めメンズ ボトムへの移行

これまでがスキニー中心だったのに対し、昨年からその前兆はありました。そしてこの春爆発的に動き出しているのが太めのボトム

スキニー人気が全くないというわけではなく、この2タイプを穿きわけるといった方法をとる方が多く、ここしばらく太めがあまり動いていなかったということもあり、早い時期からメンズ ボトムの動きが2016年は目立ってきています。

サルエルなど極端な太パンツで劇的にスタイル変化

ファッショニスタは極端なイメージチェンジを求めているのを感じ取れるのが極端に太めのパンツが支持されているという点です。

デニムワイドパンツ メンズ 流行 サルエルスウェットパンツ メンズ 流行 2016 サルエルロングリブパンツ メンズ 

詳細⇒ワイドデニム/サルエルスウェットパンツ/ブラックサルエルロングリブパンツ

上記の3つのパンツはファッショニスタにも支持されているショップさんの人気ボトムス。これまでの流行ボトムと比べても明らかにシルエットが違うのがわかるのではないでしょうか?

個性的なシルエットでタッキースタイル

柄、プリントで個性を出す方法があれば、シルエットで個性を出す方法もあります。これまでが安定感のある無難さやナチュラルさ中心だったのに対し、不安定さやインパクトなど注目されています。

方法は1つではないので、どこで個性を出していくのか?これから考えてみてはいかがでしょうか?

関連記事

Comments 0

Leave a reply