メンズアウター カモ柄MA-1ジャケットなどで秋冬の流行をおさえる

2016年秋冬のメンズ アウター

ちょっと個性を出したスタイル。これまではあまり目立ち過ぎないようなアウターが多くありましたが、タッキーなどの個性派スタイルの流行と共に、個性がでるメンズ服も見かける機会が増えてきました。

2016年メンズファッションでこの秋冬流行を踏まえるなら、個性的な洋服がほしいところではありますが、目立ちすぎるようなスタイルというよりも、ナチュラルさを崩さないようなデザインが使いやすく人気も高い。 

主張しすぎずに主張する

これは最近のトレンドでもあり、どのスタイルでも〖いかにも〗というのは敬遠されている。例えば、明らかなストリートファッションやモードではなく、定番スタイルにこういったテイストを足していくようなコーディネートの仕方が旬。

カモ柄のメンズ MA-1ジャケット ミリタリ

大人の男性でも使いやすく、値段も比較的検討しやすい価格でもある以下のアウターは、個性があるけど前のめりにならないアイテムです。

2016 メンズ 秋冬 流行ファッション アウター1

詳細1⇒迷彩柄MA-1ジャケット

画像を見ると、【えっ!カモ柄なの?】っと思う方もいるかもしれません。うっすらとカモ柄のシャドーデザイン。目立ちすぎる印象のあるカモ柄でも、こういったデザインなら取り入れやすく、大人の秋冬アウターとして気軽に着ていくことができます。

流行をおさえ定番と差をつけ個性を出せる。しかし悪目立ちしない一着です。

ユーズド加工のデニムジャケット

すこしつづ人気が出てきているのが、ユーズド加工のデニムアイテム。これまでは、濃紺だったりノンウォッシュなワンウォッシュのような色落ち感がほとんどないようなものが中心だったのに対し、2016年は非常に多く見かけるようになってきました。

2016 メンズ 秋冬 流行ファッション アウター3

詳細2⇒ユーズド加工デニムジャケット

男らしさを出しやすいというのはもちろん、デニムジャケットはご自身の体のサイズが変わらなければ流行問わずに着れる洋服だったりします。

だからこそ、気に入ったデザインは長く愛用できるのでお気に入りを見つけてもらいたい。

また冬には重ね着要員とするのが、今の流行なので秋しか着れないなんて言うこともありません

コーディネートテクニックでカバーしやすいのがダウンジャケット

中綿やダウンジャケットはインナー次第で見せ方も変えやすく、自分らしい着こなしをコーディネートで表現しやすいアウターです。

2016 メンズ 秋冬 流行ファッション アウター2

詳細3⇒ヨーク切り替え中綿ベスト

インナー、ベスト、ボトムをバランスよく見せた着こなしになる為、どのアイテムも手を抜くことができません。しかし、自分らしさを出すという意味では、シンプルシャツにチノパンツそして中綿ベストで、キレイめ感を出し過ぎないカジュアルスタイルにできるなど、やりすぎ感をださない流行とも相性がいい。

中綿やダウンベストがカジュアルよりなので、インナーかボトムどちらか1つはカジュアルに、どちらか1つはそれとは違うテイストというのを意識するとまとめやすい。

また、上記のデニムジャケットの上に着るといったスタイルも今季はできちゃいます。

定番洋服にこのスニーカーでおしゃれが激変

王道のチェックシャツやチノパンツ、リブパンツ(ジョガーパンツ)などを使う際、無難になりすぎたり、ラフさが出すぎたりすることがあります。そんなときに劇的におしゃれに変えてくれるのが次のスニーカー。

2016 メンズ 秋冬 流行ファッション ベルトスニーカー

詳細4⇒ベルクロハイカットスニーカー

これからの先取りとして注目したいハイカットタイプ。さらにはインパクトが強いデザインとなっています。

スキニーやサルエルパンツ、テーパードパンツといった細身のパンツや、裾に向かって細くなっていくようなシルエットのボトムと相性抜群。

要チェック 個性派アイテム

流行に左右されない定番のメンズ服を軸として、個性豊かなアイテムを1つ足す。比較的簡単に大人らしい落ち着いた男性の着こなしにするのであれば、ここを意識するとやりやすくなります。

【旬のアイテムは1つ】これをベースに2016年秋冬のコーディネートを考えてみてはどうでしょうか?

関連記事
メンズアウター2016MA-1個性

Comments 0

Leave a reply